日々の何気無い日記からニュース・グルメまで

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■黄砂予報精度かすむ、国家機密と中国がデータ提供拒否
ニュース記事ヘ

黄砂といえば有名な歌があり正直それだけの知識しか無かった。でも調べてみたらとんでもないもの!毎年悩まされる花粉より怖い!

 これも中国の大問題の一つであり、国家間で話合われ日中韓環境大臣会合(TEMM)で3カ国が黄砂モニタリングの強化や国際機関との連携強化として合意された事。

 なのにも関わらずデータ提供拒否!実質中国自身も何ら数値的な把握は出来ていないのではないか?
 2008年1月:中国大陸では大量飛散を観測
 2月12日には、韓国でも大量飛散を観測 という情報も入ってきているらしい。

そもそも黄砂とは?

 中国大陸内陸部のタクラマカン砂漠、ゴビ砂漠や黄土高原など、乾燥・半乾燥地域で
風によって数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って日本に飛来し、大気中に浮遊あるいは降下する現象。

 それで怖いのが中国大陸での急速な工業化で21世紀には吸ってはいけない物質に変貌
問題なのは、日本に到達する黄砂は北京に到達する黄砂よりも粒子が細かいため、黄砂による健康被害に気がつかない人が多いこと。

 黄砂でアレルギー症状が悪化する人も増えていて中国の大気汚染物質が付着した黄砂で咳喘息や気管支炎を発症する人も増えてるらしい。熱中症にもなりやすくなるとの事。
 それで喫煙家の方に注意してもらいたいのがタバコには、アンモニアも添加されていて、タバコの煙と黄砂が出会うと、アンモニア錯体もできてしまう。
このことにより、人体に有害な金属が吸収されることで、若年性の認知症になったり、腎臓に負担がかかったりガン(特に、咽頭ガン、喉頭ガン、肺ガン)ができやすくなったり、肺などの繊維化が促進されたりします。
 
 こんな怖い事って無いよ。

 こんな大陸でオリンピックって自殺行為じゃない?黄砂を大量に吸い込む日本代表選手は健康被害についても予備知識をしっかりもって臨んで貰いたい。
本当に成績なんて二の次でいいから無事に帰ってきてねと言わなくちゃならない。
 星野監督が滞在中の食事について懸念してるそうですが、マスクも忘れないで欲しい。

宜しければクリックお願いします
banner2.gif
宜しければクリックお願いします
b_02.gif
宜しければクリックお願いします


スポンサーサイト

テーマ:FC2 BLOG - ジャンル:ブログ




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 まだまだ小僧の心はジェイド, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。