日々の何気無い日記からニュース・グルメまで

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故市川昆監督の最後の作品という事で追悼番組として昨夜「犬神家の一族」が放映された。

自分としては「獄門島」の方が好きなのだがやはり見てしまった。

深キョンも可愛いがやはり若い時の坂口良子の方がとか、松子役は高峰三枝子が凄かったとか文句いいながら…。

原作脚本が一緒だとはいえやはりリメークは現代風で何か足りないなぁ
リメイクの時に気になるのがやはり時代背景が違うから使える言葉を選んで台詞にする所かな。
配慮はわかるけどそれにより印象も役者の台詞の凄みも時には内容まで変わってしまう時がある。
そうなると映画って台無しになるしテレビと同じじゃんと思ってしまう。
映画は映画としての凄み面白みがあり劇場まで足を運ばせる力を持つ媒体として確立されてきた。
でも最近はDVD化が早かったりすぐにテレビで放映されたり映画役者も少なくなって価値が下がってきたというのかな?
映画の持つ凄みを引き出せる数少ない監督を失ってしまったのは非常に残念です。
スポンサーサイト



















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 まだまだ小僧の心はジェイド, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。